□  2017.10 □  09≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫11
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--)  スポンサー広告TOP
中村哲・末松一人・山田智之トリオ+大川善図ライブ!
現代のメジャー音楽シーンの第一線で活躍するアーティスト4名によるライブを開催!

OPEN18:30 START19:00
一般前売¥4,000- 一般当日¥4,500-
学生前売¥2,000- 学生当日¥2,500-
チケットの予約はこちら

ライブ前には甲陽音楽学院にてクリニックも開催しています!
クリニック参加者はライブチャージが半額!!



■中村哲 Satoshi Nakamura(Sax/Arr)
1954年生まれ。埼玉出身。
日本を代表するサックス奏者キーボード奏者であり、80年代から日本の音楽業界を支えて来たアレンジャーでもある。今まで携わって来た曲は4000曲を越え、レコード大賞編曲賞、FNS歌謡大賞編曲賞、ゴールドディスク大賞編曲賞等、多数受賞。米米クラブの「シェイクヒップ」を含む、超有名曲も多数世に輩出している。JazzからRock・Folk・Soul・歌謡曲に至るあらゆるジャンルのレコーディング、ライヴ・ツアーにも参加。
現在、中島みゆき「夜会」にsax&キーボード奏者として参加中。また山下達郎や吉田拓郎など多くの一流アーティストもサポートしている。中村哲の演奏は、ほとんど全ての人が聞いていると言っても過言ではない。
<プロデューサー&アレンジャーとして参加した主なアーティスト>
永井真理子/辛島みどり/久保田利伸/河村隆一/中西圭三/南佳孝/LL_Brothers/ELLIS/R_Orange/The Zip Guns/ANITA/TUBE/スリル/ユカリ/ナチコ/SEIKIMASTU/CoCo/村田和人/伊秩弘将/沢田研二/中原めいこ/坪倉唯子/松雪泰子/とんねるず/少年隊/近藤真彦/森川美穂/遠藤久美子/シブがき隊/田原俊彦/光ゲンジ/小川博史/小野正利/千堂あきほ/西田ひかる/森山良子 /T.M.Network/山岸潤史/安全バンド/モッズ/森園勝敏/村上秀一/プリズム/レスリー・チャン(香港盤)/チョー・ヨンピル(韓国 盤)/Doggy Bag/磯崎健史/松居 和(上記参照)/INSPi/宇崎竜童/いしだ壱成/シアターブルック/スキップカウズ/SomethingElse/FLYINGKIDS/米米クラブ/中森 明菜/Kyon2/柴咲コウ/夏川リミ・・・など多数

■末松一人 Kazuto Suematsu(Gt)
1973年生まれ。福岡県出身。
様々なジャンルの音楽が盛んな福岡。その環境の中バンド活動を行い、数多くのコンテストで賞を受賞。これをきっかけにプロギタリストになる決意を固める。ジャンルを問わず数々のセッションを重ね、並行して専門学校非常勤講師やCM制作などの活動も行う。
上京後、元ちとせのサポートを皮切りに、数々の有名アーティストツアーに参加(下記参照)。作編曲家、プロデューサーとしても多忙な日々を送るようになる。また、ギタリスト鈴木健治,ドラマー青山純らとの「K.R.B.」を始めとする複数のユニットで、自身の創作活動にも精力的に取り組んでいる。
<ライブサポート・レコーディング参加アーティスト>
元ちとせ、鈴木雅之、青山テルマ、JUJU(JUJUの日 スペシャル・ライブバンドマスター)平原綾香、清貴、河口恭吾、森川由加里、Ramja、RYTHEM、Rip Slyme、タイナカサチ、浅岡雄也(FIELD OF VIEW)、夏木マリ、泉谷しげる、他多数

■山田智之 Tomoyuki Yamada(Per)
1966年生まれ。宮城県出身。
マーヴィン・ゲイの「I WANT YOU」を聞いてコンガを叩きはじめる。今村祐司氏に師事。1994年にバンド“KAITA”に加入。翌年アース・ウィンド&ファイアのモーリス・ホワイトのプロデュースによるアルバム「KAITA」(ビクター・スピードスター)でデビュー。以後、バンドメンバーとして、アルバム3枚、シングル7枚を発表。
2003年 ユニット”SARA DE PATTI”結成。マヌーシュ、MPB等にインスパイアを受け、それらとポップスとの融合を図る。アルバム「SARA DE PATTI」リリース。また、並行して、多数のアーティストのライヴ、コンサート、レコーディング等をサポート中。最近ではMR.BIGのエリックマーティンのライブやクレモンティーヌのアニメカバー集“アニメンティーヌ”に全曲参加し、注目を集めている。
<ライブサポート・レコーディング参加アーティスト>
石井竜也、エリック・マーティン(MR.BIG)、大黒摩季、ウェイウェイ・ウー、南こうせつ、クレモンティーヌ、MINK、レイニーズ・バンド、小柳ゆき、デビー・ギブソン、モーニング娘、メイヤ、桑山哲也、やなわらばー、クミコ、Lyrico、他多数

■大川善図 Yoshito Ookawa(Ba)
『末っ子長男姉三人』の環境で物心つく前から姉達(もろビートルズ世代)の聴く洋楽に触れて育つ。
初めて覚えた歌手の名前は『クリフ・リチャード』。どうしたもんだか。
中学校に入った頃、拓郎・陽水に代表されるフォークブーム。音楽てのは聴くだけじゃなくて
自分でやるってのも〈あり〉なんだと気づいて、ギターをイジり始める。
高校に入った頃、ギター以外の楽器がやりたくて、ドラムを始める。
2年生の時、友達のバンドのベースがライブ直前に風疹にかかり(この年、大流行)代わりに弾いてから
ベースが面白くなる。
1980年、大学2年の終わり頃、顔見知りの博多のハコバンのベースが足を洗う際、後釜に入る事になる。
1990年、それ以前から活動を共にしていたドラマー大和弘憲がライブハウス『プレイヤー』を
中州にオープンすることになり立ち上げより参加。この店で海千山千のミュージシャン達と知り合い、揉まれる。
2003年2月『プレイヤー』を卒業。カタギの仕事で食いつなぎながら、呼ばれればどこにでもベース一本かかえて飛んで行く生活を続行中。
ジェームス・ジェーマーソン直系のテクニックを従え、多数のアーティストから信望され続けるベーシスト。
2011.04.09(Sat)  スケジュールCOMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
コメント

 管理者にだけ表示を許可する

TopAdmin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。