□  2017.04 □  03≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫05
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--)  スポンサー広告TOP
小沼ようすけ Solo Guitar Live
小沼ようすけ
小沼ようすけ(Gt)

OPEN18:30 START19:00
一般前売¥4,000- 一般当日¥4,500-
高校生以下前売¥2,000- 高校生以下当日¥2,500-
チケットの予約はこちら

当日16:00より甲陽音楽学院にて「春期特別セミナー小沼ようすけ Guitar Clinic」も開催

小沼ようすけ ソロ・ギター

ソロ・ギターは小沼ようすけにとって原点であり、生涯を懸けて追求していくテーマでもある。
2010年にはジャズ・ファンク系バンドサウンドによるベスト盤「The Best」とメロウな海のグルーヴ「Jam Ka」の2枚同時発売で話題を集めたが、今回は小沼が定期的に取り組んでいるソロ・ギターでのパフォーマンス。
もともとメジャーデビュー前からソロ・ギターに取り組み始め、1999年に出場して優勝したギブソン・ジャズ・ギターコンテストへのエントリー曲もソロ・ギターであった。
デビュー後も2006年に全国60ヵ所のソロ・ギターツアーを敢行するなど、ソロ・ギターに取り組む意欲は人一倍強い。ベース、リズム、メロディ、ハーモニーを一人で弾くソロ・ギターにはギター演奏の魅力が凝縮されていると言われている。
バンドアレンジとは違うソロ・ギターならではのハーモニーやアレンジから成る、小沼ようすけ一人によるギターの小宇宙に触れる絶好の機会である。

近年はガット・ギターによるアコースティック・ソロ・ギターの一方で、エフェクターのループを用いて音を重ねていくエレクトリック・ギターによる独自のソロ・パフォーマンスを発展させている(「Jam Ka」にも"Gradation Part1"として1曲収録)。
「Jazz Guitar Book」Vol.28 (2011年1月発売)に、小沼による「オレオ」のソロ・ギターの運指が分解写真付で取材され、ソロ・ギターの新たなヴァーチュオーゾとしてそのプレイに注目が集まっている。

小沼ようすけウェブサイト
2011.03.19(Sat)  スケジュールCOMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
コメント

 管理者にだけ表示を許可する

TopAdmin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。