□  2017.06 □  05≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫07
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--)  スポンサー広告TOP
“宝寿司歌劇団”!?
池田達也(B)/榊原大(Pf)/竹本一匹(Per)
池田達也(B)
池田達也

ベーシスト、作編曲、音楽プロデュース、etc... 自己が主宰の“ たつや せっしょん"や“BOSSA DO MAGO"(ボサ・ド・マーゴ)のベーシスト兼プロデューサーとして活動の他、アコースティック・ベース(ウッド・ベース)とエレクトリック・ベースの両方の弾き手として、ビック・バンドからJ-ポップ系のレコーディングまで幅広い分野で活躍中!
数々の有名シンガーのサポートの他、新生T-SQUARE(サポート)から
ジャズピアノの巨匠ジュニア・マンスまで国内外の様々なアーティストと共演。
○これまでにベーシストとして参加した
JAZZ系グループ:菊地ひみこ(Pf,Key)BAND/MALTA(Sax)&フェリーシア/寺井尚子カルテット/角田健一BIG BAND/ラテン野郎/NORA(Vo)/中路英明(Tb)/オバタラ、etc...
○レコーディングに参加した
J-POP系アーティスト:平井堅/SOFFet/石井竜也/dorlis/古内東子/hiro/諌山実生/mihimaru GT/奥村愛子/Tina、AAA、etc...
音楽プロデューサーとして、イベントやコンサートの企画の他、自己のアルバムの他、“BOSSA DO MAGO"の2枚のアルバムを手がけている。
現在、月刊『Jazz Life』誌上にて、「たつやの"お気楽"ウッド・ベース入門」を連載中。『たつや せっしょん ~其ノ壱~』
(TATE-001)を発表!発売;たつや Records /販売;ダイキサウンド株式会社)
池田達也ホームページはこちら

榊原大(Pf)
榊原大

1989年、東京藝術大学在学中に『G-CLEF』を結成。
アルバム『Pell-Mell』(SONY Record)でレコード・デビュー。卓抜した音楽性・演奏力をベースにフュージョン・インストゥルメンタルのフィールドを開拓し、高い評価を得る。1990年、アルバム『五右衛門』(SONY Record)で日本レコード大賞アルバム企画賞を受賞。7度に渡る全国ツアーや、インストゥルメンタル・バンドとして初のNHK「紅白歌合戦」出場を果たすなど、多彩な実績を残す。
94年のG-CLEF解散後も、その力強いピアノタッチとジャンル不問の卓越したセンスは、数々のアーティストのステージサポートやアレンジワークで発揮される。
2001年に初のソロ・アルバム「転/移-trans」を発表して後は、本人名義での活動に重きをおきはじめ、各地で精力的にライブを開催する。2002年にリリースされた2ndアルバム「TOMORROW」は韓国でも発売に。2003年には、ロック・チッパー・レコードからリリースされた「10人のピアニスト」に選出され、オーチャードホールにて開催されたコンサートにも出演。
また2003年は、NHKの23時ドラマ「赤ちゃんをさがせ!」の音楽を筆頭に、福岡放送局制作の「うきは」、2004年初頭に制作されたNHK「玄海」は、放送文化基金賞を受賞した。
また映画音楽でも、リー・チーガイ監督による「魔幻厨房(マジック・キッチン)」の音楽を担当するほか、「上海恋香」(野村泰夫監督作)では主題歌の作曲・プロデュースでも高評価を得る。
2004年には3rdアルバム「As for You」をリリース。大阪、名古屋、福岡のブルーノ-ト・ツアーを成功させた。
そして、2005年前期の連続テレビ小説「ファイト」(NHK)で、テーマ曲をはじめ、全編にわたり、作曲・ピアノを担当。7月には自身のピアニズムと対峙した4thアルバム「Piano+」をリリースした。
α-Statioin(FM京都)でレギュラーパーソナリティをつとめるなど、マルチプルな活動はますます広がりをみせている。
1967年 千葉県出身。
榊原大ホームページはこちら

18:00open19:00start
adv4000+1D day4500+1D
チケットの予約はこちら
2007.06.25(Mon)  スケジュールTOP

TopAdmin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。